テンバガーを探せ! 10倍儲かる低位株投資術(第2章 なぜ「値がさ株より低位株」なのか?)

鮎川 健 (著) 2009年2月27日


○ 絶好調企業の株価がなぜ乱降下する?
 私が音通に着目したきっかけは「時価総額」でした。年商300億円を誇る黒字企業の時価総額が僅か34億7000万円。繰り返します、300億円企業の市場評価額が34億7000万円。なんと8割引き以上の大バーゲンプライスなのでした!
  ・
  ・
  ・
 これを安いと言わずに、何を安いというのでしょう! 早々に見直し買いが入ると判断したのです。
 私は音通をPBR1倍割れの19円にて仕込みを行い、合計5万4000株を購入し、その後、平均38円で売却しました。
(第2章 なぜ「値がさ株より低位株」なのか?)

○ 低位株は安い
 サラリーマン個人投資家にとって、意外と重要性が高く、欠かすことの出来ないチェックポイントは、ナンボ払えば買えるのか、すなわち「最低投資金額」でしょう。
 株価が上がる下がるといった、通常の株価指標などとは全く別物の、投資を行う側の一方的な事情による指標なのですがとても大切な指標です。なにせいくら欲しくても「無い袖は振れない」、買えないモノは買えないのですから。
  ・
  ・
  ・
 オレも買えるということは、みんなだってきっと買えるのです!
 株価が上昇するには、より多くの投資家に買ってもらう必要があります。敷居が低ければ低いほど、より多くの購入予備軍を取り込むことが可能です。
  ・
  ・
  ・
 個々の懐具合によって欲しい銘柄が買えるとは限りません。しかし、株価が安ければ、必然的に購入金額も安くつきます。当然参加可能な投資家も増加します。
 この敷居の低さが、ひとたび、株価に火がつき上昇を開始すれば多くの投資家が「買い」という燃料を絶え間なく投下してくれることに繋がります。低位株は相場の形成においても有効に作用するのです。
(第2章 なぜ「値がさ株より低位株」なのか?)

○ 低位株に海外情勢は関係ない
 世界をまたにかけて活躍する人気日本企業の株を買っても、海外情勢によって株価はたやすく影響を受けてしまします。
 半面、音通は海外なんぞ全く相手にしていません。100円ショップは大阪を拠点に関東・関西・札幌といった国内限定で地域密着型店舗展開がなされています。
 店は円で売り、客は円で買う。為替差損益は当然発生しません。100円はドコまでいっても100円なのです。
 また、アメリカの金融機関がどれだけサブプライムショックの影響により、巨額の損失を計上しようが、音通が経営するカラオケボックスで列を作る、合コン2次会大学生の客足が遠のくことはないのです。
(第2章 なぜ「値がさ株より低位株」なのか?)

○ 低位株が利益を得やすい理由
 「株価」と「出来高」は基本的に連動しています。上にせよ下にせよ、より多くの売買がなされればそれだけ株価はよい大きく変動します。
 株価が描く強い上昇カーブは、数多くの投資家によって買われ、出来高が急増することによって形成されます。
 「もっと上がるゾ、欲しい欲しい欲しい!」といった買いたい投資家の数が、売りたい投資家の数を上回り、買った後も「まだ上がるから売るもんか!」と強気で構えられていたら、
 売りたい<買いたい
 といった、買いが売りに勝る需給関係により、株価は上昇するのです。
 ところが、買ったからにはどこかで売らなければいけません。買った側の投資家は、そのタイミングを虎視眈々と狙っています。
 多くの投資家に買われれば買われるほど、そして株価が高位置に立たされれば立たされるほど、「隙あらば売り抜けたい」という、利益確定したい心理状況の投資家が溢れ、足元が徐々に不安定になっていきます。
 そして、買いたかった投資家が「この株価じゃチョット買えないな」と判断し、保有している投資家も「コレ以上は上がらないかな」と弱気になった瞬間、
 売りたい>買いたい
 需給関係は瞬時に逆転し、株価は反転下落と化すのです。
  ・
  ・
  ・
 よく投資本で喧伝されている手法で得ある、「上昇軌道に乗った人気銘柄を買う」ということは、それ以前に買っていた多くの投資家の売りエネルギーを背負うことになることを忘れてはいけません。
 アナタが利益を得るにはさらなる株価の上昇が必要であり、
 より巨大な買いエネルギーが必要
 なのです。
 「出来高増加」「株価上昇」といったタイミングで仕込むということは、いつ下落するかわからない非常に不安定な状況に身を置く危険な行為です。
 半面、不人気である「低位株」は、売りたい人がほぼ売り切った低位置に立たされており、よって潜在する売りエネルギーは極めて少なくなります。ということは、人気銘柄と比較してより少ない買いエネルギーの発生で株価は上昇することが可能であり、言葉を換えれば、
 容易に利益を得ることが可能
 なのです。
(第2章 なぜ「値がさ株より低位株」なのか?)









← 第1章                                                       第3章 →
トップページ