株は「逆張り」がおもしろい(第1章 知っているとトクする「実戦に勝つ知恵」)

小林 正和 (著) 2001年3月

  目 次
 第1章 知っているとトクする「実戦に勝つ知恵」
  ○ 株は「儲けたい」だけでは儲からない
  ○ 人任せなら株はやらないほうがまし
  ○ 証券マンが「売るな」という株は必ず売っておけ
  ○ 心のゆとり、資金のゆとりが利を生む
  ○ 手持株は損ばかりという状態になっていないか
  ○ 損する投資家、儲かる投資家
  ○ 推奨株過信は危険が大きい
  ○ 仕手株好きは「死出の旅立ち」
  ○ 高い手数料に我慢するな
  ○ 「成功の復讐」から身を守る法
  ○ 楽しくない株式投資なら早く止めよう
  ○ 株をやるなら根こそぎ楽しもう
 第2章 戦術的投資のすすめ
  ○ ウォ -レン・バフェット氏の挙げる「投資家としての成功する六つの資質」 - 戦術的投資法
  ○ 成長株ファンドが得意とする順張り戦術 - 戦術的投資法
  ○ 個人投資家が一番成功しやすい逆張り戦術 - 戦術的投資法
  ○ ウォ -レン・バフェット氏が実践する長期保有戦術 - 戦術的投資法
  ○ 順張り戦術はなぜ成り立つか - 順張り投資で勝ち抜くポイント
  ○ 順張りの長所は効率の良さ。お奨めは短期より中期 - 順張り投資で勝ち抜くポイント
  ○ 順張りの短所は次第に大きくなるリスク - 順張り投資で勝ち抜くポイント
  ○ 勝つポイントは相場の方向を正しく捉えること - 順張り投資で勝ち抜くポイント
  ○ 指標間にばらつきがあれば買い対象を本流株にしぼれ - 順張り投資で勝ち抜くポイント
  ○ どんな銘柄が順張りに向くか - 順張り投資で勝ち抜くポイント
  ○ これが順張りに向く銘柄だ - 順張り投資で勝ち抜くポイント
  ○ 上がり過ぎたら本流株でも手を出すな - 順張り投資で勝ち抜くポイント
  ○ どの程度の押し目で買うか - 順張り投資で勝ち抜くポイント
  ○ 順張りによる利食い方 - 順張り投資で勝ち抜くポイント
  ○ 順張りにおける見切り方またはロスカット・ルール - 順張り投資で勝ち抜くポイント
  ○ 逆張り戦術はなぜ成り立つか - 逆張り戦術で勝ち抜くポイント
  ○ 逆張り戦術の長所 - 逆張り戦術で勝ち抜くポイント
  ○ 逆張り戦術の短所 - 逆張り戦術で勝ち抜くポイント
  ○ 逆張り戦術に向く銘柄 - 逆張り戦術で勝ち抜くポイント
  ○ 逆張りで仕込む大チャンス - 逆張り戦術で勝ち抜くポイント
  ○ 暴落を買い下がるか底入れを確認して買うか - 逆張り戦術で勝ち抜くポイント
  ○ 逆張りの買い場を測るモノサシ(1) 信用取引評価損率 - 逆張り戦術で勝ち抜くポイント
  ○ 逆張りの買い場を測るモノサシ(2) 二五日移動平均騰落レシオ - 逆張り戦術で勝ち抜くポイント
  ○ 底値で多く買うための知恵 - 逆張り戦術で勝ち抜くポイント
  ○ 長期保有戦術はなぜ成り立つか - 長期保有戦術で勝ポイント
  ○ 激しい競争を勝ち抜く企業の条件 - 長期保有戦術で勝ポイント
  ○ 長期投資対象としてのエクセレント・カンパニー - 長期保有戦術で勝ポイント
  ○ 平均以下で買うことを心掛ける - 長期保有戦術で勝ポイント
  ○ 長期保有戦術の長所と短所 - 長期保有戦術で勝ポイント
 第3章 上手な儲け方・上手な損の仕方
  ○ 株はノンゼロサムゲ -ム。そこで勝つには・・・
  ○ 時価総額管理をしっかりせよ
  ○ 実戦的持株管理表の作り方・使い方
  ○ ヒーロー銘柄を大切にせよ
  ○ 急騰小型株は倍になったら半分売る
  ○ 相性のいい株を持て。そうして何度でも売り買いせよ
  ○ 「売り上がり」という技法
  ○ 資産の劣化を防ぎ、投資効果を高める「合わせ切り」という技法
  ○ 「買い指値」と「成り行き買い注文」をうまく使い分ける
  ○ 実践的成行き注文の出し方
  ○ 底割れ銘柄はリバウンドで必ず売れ
  ○ 計画的買い下がりはせよ、引かれナンピンはするな
  ○ 値がさ優良株のゴールデンクロスは利乗せのポイント
  ○ 塩漬け銘柄にも役立ってもらおう
  ○ 高い手数料を我慢せずネット証券を利用せよ
  ○ 天井型を記憶せよ
  ○ 底値予知は天井型予知よりむずかしい
 第4章 カラ買い・カラ売り・つなぎ売り
  ○ 信用取引のリスクとメリット - カラ買いで損を小さく儲けを大きくする技術
  ○ 下げ相場では追い証と期日がこわい - カラ買いで損を小さく儲けを大きくする技術
  ○ 腹一杯買うな、一回のミスが命取りになる - カラ買いで損を小さく儲けを大きくする技術
  ○ 圧倒的に多いカラ買い派 - カラ買いで損を小さく儲けを大きくする技術
  ○ 上げ局面でのみカラ買いせよ、チャートが崩れたら例外なく見切れ - カラ買いで損を小さく儲けを大きくする技術
  ○ 株をローンで買うという考え方 - カラ買いで損を小さく儲けを大きくする技術
  ○ “三市場信用取引残高”の読み解き方 - カラ買いで損を小さく儲けを大きくする技術
  ○ “信用取引銘柄別残高”の実践的活用法 - カラ買いで損を小さく儲けを大きくする技術
  ○ ロスカット・ルールの目的と作り方
  ○ カラ売りはとてもリスキー - リスキーなカラ売りでの勝つ方法と損を小さくとどめる踏み方
  ○ カラ売りで成功する秘訣は「崩れの始まり」まで待つこと - リスキーなカラ売りでの勝つ方法と損を小さくとどめる踏み方
  ○ 小型人気株は値頃感でカラ売りするな - リスキーなカラ売りでの勝つ方法と損を小さくとどめる踏み方
  ○ 一度にまとめてカラ売りするな - リスキーなカラ売りでの勝つ方法と損を小さくとどめる踏み方
  ○ カラ売り銘柄の探し方 - リスキーなカラ売りでの勝つ方法と損を小さくとどめる踏み方
  ○ カラ売りの株の利食い型 - リスキーなカラ売りでの勝つ方法と損を小さくとどめる踏み方
  ○ 手遅れにならないカラ売りの株の踏み方 - リスキーなカラ売りでの勝つ方法と損を小さくとどめる踏み方
  ○ つなぎ売りの奨め - つなぎ売りで成功するコツ
  ○ 理想的なつなぎ売り - つなぎ売りで成功するコツ
  ○ 損失を減らし買いコストを下げるつなぎ売り - つなぎ売りで成功するコツ
  ○ つなぎ売りの応用 - 損した銘柄を戻りで両建てする - つなぎ売りで成功するコツ
  ○ つなぎ売り成功のポイント - つなぎ売りで成功するコツ

  「第1章 知っているとトクする「実戦に勝つ知恵」」では、投資家同士の願望がぶつかり合う株式市場や、投資に向かない人のタイプなどについて紹介されている。例えば、他力本願で投資をしている個人投資家は自分で銘柄を決めている投資家よりも成績が悪いことや、証券マンが奨める銘柄には損をすることが多いことなどについて紹介されている。

 「第2章 戦術的投資のすすめ」では、順張りで成功するための方法や逆張りの長所と短所、またウォーレン・バフェットの投資手法などについて紹介されている。例えば、逆張りはリスクが相対的に少ないが成果がでるまでに時間がかかることや、バフェットの挙げるエクセレント・カンパニーの条件などを挙げている。

 「第3章 上手な儲け方・上手な損の仕方」では、投資で成功するための手法などについて紹介されている。例えば、手持株の時価総額が15%減少した場合などは休む方がよいことや、二流株でもいいので相性のいい株を持つことなどについて紹介している。

 「4章 カラ買い・カラ売り・つなぎ売り」では、信用取引について紹介されている。例えば、信用取引は現物だけの場合の2倍、損は3倍でリスクの方が大きいこと,カラ売りはさらにリスキーであること、つなぎ売りはリスクが小さくメリットが大きいことなどについて説明している。

○ 株は「儲けたい」だけでは儲からない
 「儲けたい」「儲けたい」が投資家すべての願いでも、もっと下がるのではないかという恐怖心が安値の投げ売りを呼ぶ。もっと上がるのではないかという期待が底値買いを希望する投資家を高値づかみに走らせる。
 よく考えると、株で儲けるということはいかにもむずかしい。身勝手と身勝手のぶつかり合う株式市場では、知識を積み、知恵を磨き、投資家心理の陥りがちな故なき恐れや甘い期待を克服しないと、決して儲からないのである。
(第1章 知っているとトクする「実戦に勝つ知恵」)

○ 人任せなら株はやらないほうがまし
 買い銘柄や売買のタイミングを自分で決めないで(あるいは、決めることができないで)、人任せにする人がいる。わたしの知る限り、こういう投資家の成績は、銘柄やタイミングを自分で決めている投資家よりもかなり悪いように思える。なぜだろう。それは、自分のことを自分より真剣に考えてくれる他人はこの世の中にほとんどいないからだと思われる。
  ・
  ・
  ・
 私は、いいなり投資を始めたとたん損をし、そのままどんどん損を重ねていった人たちの相談をたくさん受けたことがある。損が巨額になって裁判沙汰になった人の弁護士から訴訟の専門家証人を頼まれたこともたびたびある。
 自分を客観視できる人は他人も客観視する。だから、結果が悪ければ「頼っても駄目ではないか?」とすぐ気づく。しかし依存心の強い人は「今度こそ」「今度こそ」と根拠のない期待にすがって損を重ねる。
  ・
  ・
  ・
 相場で儲けるプロといえば、証券会社のディーラー、それにファンドの運用マネージャーたちであろうか。私はそういう人たちにも友人がたくさんいるが、彼らとていつもうまくやっているわけではない。しばしば見込み違いの玉を投げている。外部に向けては自信たっぷりのコメントを発表しているが、現実には、うまくいったときは舞い上がり、まずくなったときには頭を抱え込んでいる悩める人たちなのだ。自信がないから仲間同士でいつも情報交換している。そうして、自分の上がってほしい銘柄、売りたい銘柄の上値を他人に買わせようとしている。
(第1章 知っているとトクする「実戦に勝つ知恵」)

○ 証券マンが「売るな」という株は必ず売っておけ
 証券会社のセールスマンは、自分たちが売りたい株や投信を売り、客が売りたくないという証券をなんとか売ってもらうのが仕事である。そうしないと手数料が得られず“目標額”という名のノルマが達成できない。
 しかし、不思議なことにそんなセールスマンが、時に、顧客が持株を売ろうというのに強く反対することがある。無理矢理でも商いを作りたがるセールスマンなのにどう考えてもおかしいと思いませんか?昔から今に至るまでこういう相談を何百回となく受けてきた私の経験からすると、そんなときには無理にでも売っておくべきである。
  ・
  ・
  ・
 私は、自分の長年のファンや会員から「営業マンが売るなというんですよ」といわれた銘柄は「是非にも売っておきなさい」と奨めることにしているが、とても喜ばれている。
(第1章 知っているとトクする「実戦に勝つ知恵」)

○ 心のゆとり、資金のゆとりが利を生む
 長年投資家の相談を受けた経験からすると、現物投資だけの投資家の成果は、そうよくないか、まずまずという人がほとんどである。滅茶苦茶に成績の悪い人、大儲けしたという人は極めて少ない。
  ・
  ・
  ・
 余裕資金で現物だけの取引をしている人は、そうあせらない。あせる必要もないからだ。それも高値づかみ、安値投げから身を守っているのだと思う。
 一方、信用取引を腹一杯やる人、街金融を使って信用取引以上の売買をする人の成績はどうか。長年兜町にいたからいろいろな人を見てきた。一時期の成績だけということなら、腹一杯派で大儲けした人はそれなりにいた。一生食べられるくらいの財産を残したという人もいた。しかし長い目で見ると、一般の投資家は勿論のこと証券マンやファンドマネージャー、仕手といわれている人まで含めて、腹一杯派の成功者は数えるほどしかない。ほとんどの人はやがて資金の大半を失くして退場していった。
 家屋敷を手放した上に借金の残った人、家族離散した人、罪人になった人もいた。そこまでいって再起したという人は絶えて聞かない。中には、落ち込んだ惨状に絶望して自殺した人もいる。
 なぜ腹一杯派は勝ち残れないのだろう。腹一杯派は、上げ相場では現物派よりたしかに余計儲けるが、下げ相場では儲け以上の損をするからだ。
(第1章 知っているとトクする「実戦に勝つ知恵」)

○ 手持株は損ばりという状態になっていないか
 信用取引は三カ月といか半年という期日のある取引である。だから、自分で銘柄を選ぶ人でも、たいてい人気株を買う。証券会社が奨める株なら、例外なく人気株である。人気株とは、商いを伴って大きく値上がりした株でもある。
 そういう株が思惑に反して下げ、期日を迎えたときに相場の損勘定になっているとしたら、チャート的に見た場合、多分、天井を打って下げトレンドに入っているはずである。長期間にわたって大きく上げた株が一旦天井を打って下げはじめたら、今度は逆に長期間にわたって大きく下げるものなのだ。
(第1章 知っているとトクする「実戦に勝つ知恵」)

○ 損する投資家、儲かる投資家
 証券マン、とりわけ大証券のセールスマンが奨める銘柄は、ほとんどが回転のきかせやすい人気株である。いいかえると、相当上がった株なのだ。それでももっと上がることがある。しかし、少し上がったあと大きく下げることのほうが多い。もっと上がるときでも、すでに相当上がったあとだから、残る上値は大きくない。下げはじめたら、上がった反動で大きく下がるわけだ。
  ・
  ・
  ・
 自分で銘柄やタイミングを決める、という投資家の場合は、証券マン依存の投資家と比べ、成績はそう悪くないか、よい人のほうが圧倒的に多かった。勿論、結果のよくない人もいたが証券マン依存の人ほどひどくはない。
 その理由はなにか。大切な自分のおかねだから、大きく上がった人気株を買う人があまりいないからだと思う。
 そういった投資家の多くは、たいてい高値後の押し目を買っている。この買い方だと、思惑通り戻ったり、高値を抜ければ割に短時日でプラスになる。勝率はそうひどくはならない。自分で銘柄やタイミングを決めているのに成績の悪い人は、大きな相場のあとの急落場面(多くは、「上げ相場の終わりの始まり」なのだが)を買ったり、引かれナンピンをして失敗している。
 大きな成功をしているのは、人気株に業績の一時的悪化や悪材料が出て高値から何分の一かに値下がりした後をじっくり買い下がって、業績の好転や好材料出現を待つという長期投資をする人である。そう多くはないが、こういう人たちは長い目で見ると玄人顔負けの好成績を挙げている。
(第1章 知っているとトクする「実戦に勝つ知恵」)

○ 仕手株好きは「死出の旅立ち」
 大相場から暴落の過程で豪腕仕手たちもほとんどが破綻した。個人の仕手株ファンも、途中大儲けしてもあと大損した。資金の残った人はまだましなほうで、払いきれない損失を負った人、刑務所へ行った人、自殺した人たちも私はたくさん知っている。
  ・
  ・
  ・
 いずれ往って来いになるとわかっていても、高値がいくらなのか、下がりはじめるのがいつなのかはあらかじめわからない。人気仕手株を上げ途中でカラ売りして、逆日歩、追い証攻めにあい一財産なくした投資家もまた、私は一杯知っている。
 仕手株はおもしろい。しかし、このおもしろさに憑かれると、一つ間違った場合、大損するだけではすまないことがある。ときに、本当に身を滅ぼす。
(第1章 知っているとトクする「実戦に勝つ知恵」)

○ 楽しくない株式投資なら早く止めよう
 私は、株が資金運用対象として預貯金や債券よりも有利だと思えばやればいい、ゲームとして十分に楽しければ、その上、生活に支障がなければ、そう損得にこだわらずやればいい、と思っている。気が進まなければやらなくて何の支障もない。むしろ、心が平らかであり続けらえる分、やらないほうがいいともいえる。
  ・
  ・
  ・
 一九七三(昭和四八)年に『株の心理作戦』という本を書いた。自分の経験に友人の証券マンや証券記者の証言を加えて、私は株に向かない人、株で損をする人の性格特性、行動特性として、
 優柔不断、思い切りが悪い、物事にこだわりくよくよする、ぐちっぽい、ガンコ、人に影響されやすい、考えがいつもふらふらしている、他人にいわれるとすぐその気になる、依存心が強い、感情が不安定、人がよくて少し欲が深い
 などを挙げた。この中の多くに当てはまり、ならしてこれまで株で損を重ねてきたのなら、株とは縁を切ったほうがよい。重ねていうが、株を止めろとはだれもいってくれない。止めるという決断は自分で下すしかないのである。
(第1章 知っているとトクする「実戦に勝つ知恵」)

○ 株をやるなら根こそぎ楽しもう
 株ゲームの楽しみ方は無限である。経験を重ねれば重ねるほど、多くの楽しみが味わえるようになる。
 何千とある公開・上場銘柄の中から有望な銘柄を探し出す楽しみ。本当に有望な銘柄探しに成功すれば大きな利益が得られる。
  ・
  ・
  ・
 取引するか、休むかを決める楽しみもある。市場に参加するのも休むのも、自分の考え次第、というのがうれしい。また、参加するにしても、希望の値段が出るまで、いつまでも待つことができる。マージャンでは、順番がくればツモって捨てなければならない。動作が遅いと嫌われる。勝ってゲームから抜けようとすると「勝ち逃げ」とそしられ、自由がききにくい。株式投資は、自分の気に入った局面がくるまでじっと待っていてもだれにとやかくいわれることもない。勝ち逃げは賢さの証明であり、だれからも非難されない。
 待って安く買うことに成功するという体験を重ねると、待つ楽しみというものがわかってくる。チャンスを待っているのになかなかこない、といら立つ投資家が少なくない。そういう人は、チャンスのくる前に買い急いで半端な水準で一杯買ってしまう。半端な水準で買えば、うんと下がった時には資金がもたない。利食えるチャンスは減り、待つ楽しみ、大きく利食う楽しみを知らないで終わることが多い。
  ・
  ・
  ・
 株は、心と資金にゆとりをもってやれば大層楽しいゲームである。
(第1章 知っているとトクする「実戦に勝つ知恵」)


 









                                                 第2章 →
トップページ