はじめてでも儲ける低位株投資戦略(プロローグ 今こそ低位株投資のチャンスをいかす)

藤本 壱 (著) 2008年12月10日

  目 次
 第1章 低位株の特徴をつかむ
  ○ 低位株とは500円以下の株のこと - 低位株とはなんだ?
  ○ 日本市場に低位株が増えてきた - 低位株とはなんだ?
  ○ 株価が安いので個人でも買いやすい - 低位株とはなんだ?
  ○ 低位株の値動きが大きくなりやすい理由 - 低位株は株価の変動が大きい
  ○ 株価上昇時の値動きを検証してみる - 低位株は株価の変動が大きい
  ○ 下げるときも大きく下げやすい - 低位株は株価の変動が大きい
  ○ 値動きの大きさは銘柄により異なる - 低位株は株価の変動が大きい
  ○ 2008年10月の値動きに注目する - 低位株は株価の変動が大きい
  ○ 値嵩株は株価の動きが読みにくい - 低位株は下値が読みやすい
  ○ 低位株は比較的下値が固い - 低位株は下値が読みやすい
  ○ ボックス圏で動く銘柄は狙い目 - 低位株は下値が読みやすい
  ○ 下値/上値がはっきりしない銘柄もある - 低位株は下値が読みやすい
  ○ 株価が低いほど値動きが激しくなる - 低位株でも株価帯により特徴がある
  ○ 超低位株はハイリスク・ハイリターン - 低位株でも株価帯により特徴がある
  ○ 200円あたりまでは比較的値動きが激しい - 低位株でも株価帯により特徴がある
  ○ 株価が上がるほど値動きが落ち着いていく - 低位株でも株価帯により特徴がある
  ○ 業績/財務の状態で株価の動きが異なる - 低位株でも株価帯により特徴がある
  ○ 配当利回りと配当性向を見る - 低位株は株価の割に配当が良い銘柄も多い
  ○ 配当利回りが高い銘柄が増えている - 低位株は株価の割に配当が良い銘柄も多い
  ○ 配当だけで銘柄を選んではいけない - 低位株は株価の割に配当が良い銘柄も多い
  ○ 値嵩株への投資はプロが多い - 低位株なら個人投資家の強みをいかせる
  ○ 低位株はプロはあまり買わない - 低位株なら個人投資家の強みをいかせる
  ○ プロが参戦してきたときはどうするか - 低位株なら個人投資家の強みをいかせる
  ○ 景気循環と株価の関係 - 相場局面を考えた低位株投資
  ○ 4つの相場局面を考える - 相場局面を考えた低位株投資
  ○ 金融相場の狙い目は低位株や景気敏感株 - 相場局面を考えた低位株投資
  ○ 業績相場では好業績銘柄や割安株を探す - 相場局面を考えた低位株投資
  ○ 逆金融相場では手仕舞いも考える - 相場局面を考えた低位株投資
  ○ 逆業績相場では空売りや短期リバウンド狙いも - 相場局面を考えた低位株投資
  ○ 仕立とは? - 低位株は仕立化することもある
  ○ 仕立株の動き方 - 低位株は仕立化することもある
  ○ 仕立的な動きをした銘柄の例 - 低位株は仕立化することもある
  ○ 仕立株で儲けるのはかなり難しい - 低位株は仕立化することもある
  ○ 仕立株の売買は十分に注意 - 低位株は仕立化することもある
 第2章 業績と財務をチェックして低位株銘柄を選ぶ
  ○ 一攫千金狙いは失敗への近道 - 低位株投資の基本的な考え方
  ○ 値動きの激しい銘柄も失敗しやすい - 低位株投資の基本的な考え方
  ○ 成長株は株価の変動が激しい - 低位株投資の基本的な考え方
  ○ 低位株の特徴を活用してコンスタントに儲ける - 低位株投資の基本的な考え方
  ○ 銘柄を見極めること - 低位株投資の基本的な考え方
  ○ 企業の業績や財務の主要な情報が得られる - 会社四季報の基本的な見方
  ○ 会社四季報の内容 - 会社四季報の基本的な見方
  ○ パソコンで会社四季報のデータを見る - 会社四季報の基本的な見方
  ○ 売上と利益は業績評価の基本 - 業績の安定性をチェックする
  ○ 売上や利益が安定している銘柄を選ぶ - 業績の安定性をチェックする
  ○ 利益を見る際に注意する点 - 業績の安定性をチェックする
  ○ 四半期報告書をチェックする - 業績の安定性をチェックする
  ○ 業績予想の修正にも注意する - 業績の安定性をチェックする
  ○ 資産/負債/純資産の関係 - 財務の健全性をチェックする
  ○ 株主持分比率が低すぎる企業は避ける - 財務の健全性をチェックする
  ○ 有利子負債が過大な銘柄は避ける - 財務の健全性をチェックする
  ○ 株価は1株あたり利益に比例する - 株価と業績の関係をPERで判断する
  ○ 株価と1株あたり利益の関係を表すPER - 株価と業績の関係をPERで判断する
  ○ PERの値はある程度の範囲に収まる - 株価と業績の関係をPERで判断する
  ○ PERの高低から株価の割安/割高を判断する - 株価と業績の関係をPERで判断する
  ○ 企業が解散すると株主に残余財産が分配される - 株価と財務の関係をPBRで判断する
  ○ 1株あたりの純資産(BPS)とは? - 株価と財務の関係をPBRで判断する
  ○ BPSと株価の関係を表す「PBR」 - 株価と財務の関係をPBRで判断する
  ○ PBRの見方 - 株価と財務の関係をPBRで判断する
  ○ PBR1倍割れ銘柄は狙い目の1つ - 株価と財務の関係をPBRで判断する
  ○ 資産は額面通りには換金できない - 株価と財務の関係をPBRで判断する
  ○ PBRで銘柄を選ぶ際の考え方 - 株価と財務の関係をPBRで判断する
  ○ 業績中堅クラスの低位株は狙い目 - 株価と財務の関係をPBRで判断する
  ○ 財務諸表を入手する - 財務諸表でさらにチェックする
  ○ 利益の内容をチェックする - 財務諸表でさらにチェックする
  ○ キャッシュフローの状況も見る - 財務諸表でさらにチェックする
  ○ 過去や同業他社のデータと比較する - 財務諸表でさらにチェックする
  ○ 業種によって株価の動きに違いがある - 業種ごとの特徴と業種の選び方
  ○ 2つの業種分類 - 業種ごとの特徴と業種の選び方
  ○ 各業種の特徴と近況を押さえる - 業種ごとの特徴と業種の選び方
  ○ セクター分類やその他の分類 - 業種ごとの特徴と業種の選び方
  ○ 業種別の株価指数を見る - 業種ごとの特徴と業種の選び方
  ○ 得意な業種と銘柄を作っておく - 業種ごとの特徴と業種の選び方
  ○ 大型株/中型株/小型株のどれを選ぶか - 銘柄選びのその他のポイント
  ○ 基本的に東証一部銘柄から選ぶ - 銘柄選びのその他のポイント
  ○ 配当の状況をチェックする - 銘柄選びのその他のポイント
  ○ ROEで経営効率もチェックする - 銘柄選びのその他のポイント
  ○ スクリーニングとは? - スクリーニングで投資対象銘柄を探す
  ○ スクリーニングで銘柄を検索する例 - スクリーニングで投資対象銘柄を探す
 第3章 株価チャートで売買タイミングを判断する
  ○ 儲けの基本は「安く買って高く売ること」 - 株価チャート分析をマスターする
  ○ 株価チャートで売買タイミングを判断する - 株価チャート分析をマスターする
  ○ 低位株投資には株価チャート分析も必要 - 株価チャート分析をマスターする
  ○ 株価チャートの入手法 - 株価チャート分析をマスターする
  ○ 毎日(週/月)の株価の動きをローソク足で表す - 株価チャートの見方と売買タイミングの判断
  ○ ローソク足の名前と形の見方 - 株価チャートの見方と売買タイミングの判断
  ○ ローソク足の組み合わせで見る - 株価チャートの見方と売買タイミングの判断
  ○ 窓と窓埋め - 株価チャートの見方と売買タイミングの判断
  ○ ローソクで売買タイミングを判断する例 - 株価チャートの見方と売買タイミングの判断
  ○ 出来高の大小は売買の厚みを表す - 株価と出来高の関係を見る
  ○ 株価下落時には出来高が先行することもある - 株価と出来高の関係を見る
  ○ 株価のトレンドを見極める - トレンドの見方と買うタイミングの判断
  ○ チャートにトレンドラインを引く - トレンドの見方と買うタイミングの判断
  ○ 上昇トレンドと上値抵抗線 - トレンドの見方と買うタイミングの判断
  ○ 上昇トレンド時の買いポイント - トレンドの見方と買うタイミングの判断
  ○ 上昇トレンド時の買いポイントの例 - トレンドの見方と買うタイミングの判断
  ○ 下落トレンドと下値支持線 - トレンドの見方と買うタイミングの判断
  ○ 上昇トレンドの転換を判断して売る - トレンドの転換と売買ポイントの判断
  ○ 上昇トレンドの転換を判断して売る例 - トレンドの転換と売買ポイントの判断
  ○ 下落トレンドの転換を判断して買う - トレンドの転換と売買ポイントの判断
  ○ 下落トレンドの転換を判断して買う例 - トレンドの転換と売買ポイントの判断
  ○ 株価が天井を打つときのパターン - 株価の動くパターンと売買タイミングの判断
  ○ 天井を打つときのパターンの例 - 株価の動くパターンと売買タイミングの判断
  ○ 株価が底を打つときのパターンの例 - 株価の動くパターンと売買タイミングの判断
  ○ 底を打つときのパターンの例 - 株価の動くパターンと売買タイミングの判断
  ○ 保ち合い時に出るパターン - 株価の動くパターンと売買タイミングの判断
  ○ 保ち合い時のパターンの例 - 株価の動くパターンと売買タイミングの判断
  ○ 低位株は週足のチャートでパターンを見る - 株価の動くパターンと売買タイミングの判断
  ○ 移動平均線は株価を平均したもの - 移動平均線で売買タイミングを判断する
  ○ 平均の期間 - 移動平均線で売買タイミングを判断する
  ○ グランビルの法則で買いタイミングを判断する - 移動平均線で売買タイミングを判断する
  ○ グランビルの買い法則で買いを判断する例 - 移動平均線で売買タイミングを判断する
  ○ グランビルの法則で売りタイミングを判断する - 移動平均線で売買タイミングを判断する
  ○ グランビルの法則で売りを判断する例 - 移動平均線で売買タイミングを判断する
  ○ 乖離率の基本 - 乖離率で株価の行き過ぎを判断する
  ○ 乖離率で売りタイミングを判断する - 乖離率で株価の行き過ぎを判断する
  ○ 乖離率で買いタイミングを判断する - 乖離率で株価の行き過ぎを判断する
  ○ 月足チャートにトレンドラインを引く - 月足チャートで長期間の株価の傾向を見る
  ○ 下値の堅い銘柄を探す - 月足チャートで長期間の株価の傾向を見る
  ○ 株価が周期的に動く銘柄を探す - 月足チャートで長期間の株価の傾向を見る
 第4章 低位株の投資戦略と売買戦術
  ○ 集中投資するとリスクが高くなる - 銘柄分散で全体のリスクを抑える
  ○ 分散投資するとリスクを抑えることができる - 銘柄分散で全体のリスクを抑える
  ○ リスクを抑えてコンスタントに儲ける - 銘柄分散で全体のリスクを抑える
  ○ 「プチ株」などを利用して銘柄を分散する - 銘柄分散で全体のリスクを抑える
  ○ 順張り/逆張りとは? - 順張り/逆張りと株を買い増しする方法
  ○ 順張りで売買するのが基本 - 順張り/逆張りと株を買い増しする方法
  ○ 株価上昇局面で買い増しするときの考え方 - 順張り/逆張りと株を買い増しする方法
  ○ ピラミッディングと逆ピラミッディングで買う例 - 順張り/逆張りと株を買い増しする方法
  ○ 逆張りは当たり外れが大きい - 順張り/逆張りと株を買い増しする方法
  ○ ドルコスト平均法で買っていく- 順張り/逆張りと株を買い増しする方法
  ○ ドルコスト平均法は上昇トレンドの銘柄で - 順張り/逆張りと株を買い増しする方法
  ○ 「るいとう」を使う - 順張り/逆張りと株を買い増しする方法
  ○ 「投資は長期で」とよく言われるが - 投資期間の選び方を考える
  ○ 低成長時代のいま長期投資は難しい - 投資期間の選び方を考える
  ○ 低位株は長期投資に向いていない - 投資期間の選び方を考える
  ○ 低位株は中期的な波に乗って売買する - 投資期間の選び方を考える
  ○ 銘柄の主な材料 - 材料を狙った売買で儲けられるか
  ○ 株価への影響が不確定な材料の場合 - 材料を狙った売買で儲けられるか
  ○ 業績の裏付けがある材料の場合 - 材料を狙った売買で儲けられるか
  ○ 材料に乗って売買する場合の考え方 - 材料を狙った売買で儲けられるか
  ○ 損切りするのは心理的に難しい - 失敗したら迷わず損切りする
  ○ 「損を切って利を伸ばす」ことが重要 - 失敗したら迷わず損切りする
  ○ 損切りの目処は「7~10%の値下がり」- 失敗したら迷わず損切りする
  ○ チャートから損切りのポイントを判断する - 失敗したら迷わず損切りする
  ○ チャートで損切りポイントを判断する例 - 失敗したら迷わず損切りする
  ○ 逆指値とは? - 逆指値で損切りや利益確定を自動化する
  ○ 逆指値を損切りに活用する - 逆指値で損切りや利益確定を自動化する
  ○ 逆指値を利益追求に活用する - 逆指値で損切りや利益確定を自動化する
  ○ 逆指値でチャートに沿った買い注文を出す - 逆指値で損切りや利益確定を自動化する
  ○ 失敗してもくよくよしない - 低位株投資の心構え
  ○ 面倒を厭わず数字に慣れる - 低位株投資の心構え
  ○ 大勝ちを狙わずに地道に利益を積み上げる - 低位株投資の心構え 
  ○ 日々の学習や研究を継続する - 低位株投資の心構え
  ○ 無理をせず自分にあった現実的なスタイルでやる - 低位株投資の心構え
  ○ 変化する株式市場に対応する - 低位株投資の心構え
 第5章 下落相場に対処して利益を上げる法
  ○ 長期上昇が崩れた日本の株式市場 - 株価が上がり続けることはない
  ○ 下落トレンドへの対応を取る - 株価が上がり続けることはない
  ○ 現物取引と信用取引 - 空売りを上手に使えば戦術の我が広がる
  ○ 下げ相場には空売りを使う - 空売りを上手に使えば戦術の我が広がる
  ○ 信用取引を始めるには - 空売りを上手に使えば戦術の我が広がる
  ○ 信用取引には取引期間の制限がある - 空売りを上手に使えば戦術の我が広がる
  ○ 業績/財務ともに悪化傾向の銘柄を選ぶ - 空売りに適した銘柄を選ぶ
  ○ 事業環境が悪い業界を選ぶ - 空売りに適した銘柄を選ぶ
  ○ 悪材料が出た銘柄はどうか - 空売りに適した銘柄を選ぶ
  ○ 空売りできない銘柄もある - 空売りに適した銘柄を選ぶ
  ○ 空売りは下落トレンドで仕掛ける - 株価チャートから空売りポイントを判断する
  ○ 下落トレンドでの空売りポイント - 株価チャートから空売りポイントを判断する
  ○ 下落トレンドでの空売りポイントの例 - 株価チャートから空売りポイントを判断する
  ○ 移動平均線で空売りポイントを判断する - 株価チャートから空売りポイントを判断する
  ○ 移動平均線で空売りポイントを判断する例 - 株価チャートから空売りポイントを判断する
  ○ ダマシが起こった場合の対処 - 株価チャートから空売りポイントを判断する
  ○ 理論上は「利益限定/損失無限大」 - 空売りのリスク管理は厳格にする
  ○ 逆指値を使って確実に損切りする - 空売りのリスク管理は厳格にする
  ○ レバレッジは基本的にかけない - 空売りのリスク管理は厳格にする
  ○ 信用取引はしっかり勉強してから始める - 空売りのリスク管理は厳格にする
  ○ 銘柄によっては逆張りも考えてみる - 逆張りで買っていく
  ○ ナンピン買いで平均買値を底値に近づける - 逆張りで買っていく
  ○ ナンピン買いはピラミッディングに似ている - 逆張りで買っていく
  ○ ハイリスク・ハイリターンなことに十分注意 - 逆張りで買っていく 
  ○ 市場の急落後にはリバウンドが起こりやすい - 市場全体が急落したと きのリバウンドを狙う
  ○ 市場全体の急落時を狙う - 市場全体が急落したときのリバウンドを狙う
  ○ 個別銘柄ではかなり大きなリバウンドもある - 市場全体が急落したときのリバウンドを狙う
  ○ 市場全体の急落を判断する方法 - 市場全体が急落したときのリバウンドを狙う
  ○ リバウンド狙いの売買のやり方 - 市場全体が急落したときのリバウンドを狙う
  ○ 実査に買うには勇気が必要となる - 市場全体が急落したときのリバウンドを狙う
  ○ 急騰レシオの調べ方 - 市場全体が急落したときのリバウンドを狙う
 第6章 これからねらえる低位株銘柄
  ○ 銘柄選択の考え方とデータの見方

  「プロローグ 今こそ低位株投資のチャンスをいかす」では、優良株の投資についてや低位株投資のメリットについて紹介されている。例えば、優良株は株価が高い分下げる余地があることや、低位株投資は株価が安いため比較的少額から投資できることなど、合計5つのメリットなどについて挙げている。

 「第1章 低位株投資の特徴をつかむ」では、低位株の特徴や4つの相場局面での投資手法などについて紹介されている。例えば、低位株は上げるときも下げるときも大きい傾向があることや下げるにしても下値が限定されやすいこと、低位株の中には業績や財務で申し分ない企業もあるためTOBを仕掛けられることもあることなどを挙げている。

 「第2章 業績と財務をチェックして低位株銘柄を選ぶ」では、業績や財務に基づいた銘柄選びや、指標を用いた銘柄選びについて紹介されている。例えば、売上や利益が安定している、株主持ち分比率が低すぎたり有利子負債が多い企業は避けるなどの銘柄選択基準を挙げている。

 「第3章 株価チャートで売買タイミングを判断する」では、チャートや指標を用いた売買タイミングについて紹介されている。例えば、5~10年程度の月足チャートを見て株価のトレンドを確認することや、株価の行き過ぎを判断する指標として乖離率を紹介している。

 「第4章 低位株の投資戦略と売買戦術」では、株価を動かすニュースや損切り戦術などについて紹介されている。例えば、株価を動かすニュースとして新製品や新サービスの発表など合計7つを挙げていることや、損切りの重要性などについて説明している。

 「第5章 下落相場に対処して利益を上げる法」では、空売りのリスクの高さや逆張り投資、良い買いタイミングなどについて紹介されている。例えば、空売りは利益は限定的であるのに対し損失は無限であること、下値が限定されている銘柄なら逆張り投資には適していること、急騰レシオを用いて市場全体が急落したときにリバウンドを狙った買いタイミングなどについて紹介している。

○ 安値をチャンスに変える
 2008年10月31日時点で、東証一部全銘柄の平均PBRは0.97倍まで下落しています。これは通常はあり得ない値です。
 株で利益を得るには、「安く買って高く売る」ということに付きます。今のように株が割安なときこそ、景気動向や市場の動きを注視して、良い銘柄を探す絶好のチャンスだと考えることもできます。
(プロローグ 今こそ低位株投資のチャンスをいかす)

○ 優良株投資は個人投資家にとって難しい面もある
 株の銘柄というと真っ先に思い浮かべるのは、ソニーやトヨタ、キャノンといった株価の高い、いわゆる「優良株」だと思います。ただ、優良株を買えば儲けられるかというと、そうとは限りません。株価が高い分、何か起こったときに下げる余地が十分にあるということです。
(プロローグ 今こそ低位株投資のチャンスをいかす)

○ 個人投資家には低位株投資がお勧め
 そこで、「低位株投資」の出番です。低位株とは、株価が大体500円以下の安い銘柄のことを指します。低位株投資には、以下のようなメリットがあります。
  ① 株価が安いので、比較的少額から投資できる。
  ② 値動きに規則性のある銘柄もあり、売買タイミングの判断が比較的わかりやすく、落ち着いて投資できる。
  ③ 株価が十分に低いので、極端な下げにはなりにくい(下値が読みやすく、下値不安が少ない)。
  ④ 株価の割に配当が比較的良い。
  ⑤ 値上がりした時の利益率が高い。
 前述した2008年10月の株価暴落で、低位株も売られましたが、「下値不安が少ない」という特徴が発揮され、比較的株価が持ちこたえた銘柄も結構見られます。
  ・
  ・
  ・
 株で儲けていくには、正しい知識と戦略を持って着実に攻めていくことが必要です。やはりそのためには、学習と経験を積むことです。
(プロローグ 今こそ低位株投資のチャンスをいかす)

 









                                                  第1章 →
トップページ