敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか(第4章 投資の「ドリーム・チーム」がいたならば)

チャールズ・エリス (著)  2003年12月4日


 投資においては、このような「競争の優位性」を確立し、「市場に勝つ」ための方法は四つある。
 第一に、体力を駆使する方法である。おおそらく最もポピュラーなやり方だろう。人よりも早く出社し、夜遅くまで働き、土日も出勤する。重たいブリーフケースにレポートを詰め込み、たくさんの書類を読む。人一倍電話をかけ、多くの会議にでる。これは体力によってマーケットに勝とうとする方法である。
 第二に、「知力」で勝とうとする方法である。こうしたやり方を選ぶ投資家は意外に少ない。人よりもじっくり考え、人よりも長期のスパンで物事をとらえることによって、よりよい投資機会を見つけ出そうとする。
 第三は、「感情力」で勝つ方法である。マーケットがどれだけ上がっても下がっても、常に冷静さを保とうとする。
 第四は、実は最も簡単な方法であるが、ある意味では非常に難しい。それはマーケットを丁重に無視することである。しかしながら、競争に勝とうとするには、マーケットを無視することは容易ではない。したがって、この方法で成功するのは謙虚な人である。天気に対するのと同じように、また飛行機に乗る時と同じように、何をやってもマーケットに大きく勝てるはずはないという現実を冷静に受け入れられる人である。つまり、勝つために最も簡単な方法は、インデックス・ファンドを活用する方法である。
  ・
  ・
  ・
 トップ・プロの投資判断を一度にまとめてしまうには、インデックスを使えばよい。インデックス・ファンドは市場をそっくりそのまま再現する。実際、マーケットがプロによって支配されるようになった今、市場の動きはまさしくプロの動きの総和を示す。新しい情報が発生し、プロが判断を変えるたびに市場も動く。市場の動きはプロの「コンセンサス」をリアル・タイムで映す。
  ・
  ・
  ・
 インデックス・ファンドは手数料も安く、税率も低く、運営コストも安い。特に最後の点は重要である。
 インデックス・ファンドは、一般に運用機関や投資家にはひどく不人気である。しかし、インデックス・ファンドを買うことは、投資の「ドリーム・チーム」の総和を結集したのと同じ意味を持つ。
  ・
  ・
  ・
 全米随一の投資家のウォーレン・バフェット自信も、個人投資家はインデックス・ファンドを活用するべきだと主張している。彼は言う。「ほとんどの投資家(個人・機関投資家を問わず)にとって、株を保有する最善の方法は、手数料の低いインデックス・ファンドに投資することである。手数料やコストを差引いた後でも、ほとんどの運用機関を上回る成果をあげることができるだろう」
(第4章 投資の「ドリーム・チーム」がいたならば - 第Ⅰ部 資産運用の本質)










← 第3章                                                       第5章 →
トップページ