敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか(第10章 なぜ運用基本方針が必要か)

チャールズ・エリス (著)  2003年12月4日


 長期の運用基本方針は文章ではっきり表現し、確認しておくべきである。その最大の理由は、投資家のその場しのぎの方針変更からポートフォリオを守るためである。短期的な市場危機により、方針への信頼が揺らぎそうになる時、長期方針を貫き通すためである。
  ・
  ・
  ・
 歴史の教えるところによれば、運用機関と投資家の双方とも、長期間にわたる決意を守り抜こうとする時には助けが必要である。つまり、彼らが短期のデータに惑わされないようにするためである。市場が好調な時の強気の人々や、市場低迷時の悲観論者にとっては、一刻を争うと思われるような場面でも、浅はかな行動を取らないようにするわけだ。一言で言えば、「運用基本方針はパニックを起こさないための、最も強力な予防薬である」。
  ・
  ・
  ・
 運用における誤った行動は、ほとんどの場合、投資家自身の目的がはっきりせず、証券市場や投資そのものについての理解が不十分であることから引き起こされる。
  ・
  ・
  ・
 投資家も人間である、他の人間と同様、冷静かつ合理的に分析すれば違った行動になるとわかっていながら、感情的な意思決定をしがちである。そのため一般に投資家は、長期的利益に一番マイナスとなるような相場の上昇を最も好み、実は長期的利益につながる相場の下落を最も嫌うのである。
 株価が低くなることで、理論的には長期的利益にプラスと理解していても、いざ株価が上がると - このレベルで買うと余計に金がかかり、追加投資の収益率は下がるのだが - 正直なところ歓迎する気になってしまうのは致し方ない面もある。しかし、魅力的な商品を一〇%や二〇%、あるいは三〇%引きで安売りする店に背を向ける客がいるだろうか。「バーゲンセールの時には買いたくない。値段が上がった時に買います」などという客はいないだろう。だが実際に、われわれは投資をする時、このような行動を取っている。マーケットが下がると、つまり株が「バーゲンセール」になると、われわれは株を買うのをやめる。のみならず、焦って売ろうとさえする。
  ・
  ・
  ・
 ほとんどの投資家が、自分のポートフォリオが突然、大規模で恐ろしいほどの損失に見舞われるのではないかと不安を抱いている。しかし、それは株式市場の長い歴史を研究し理解した人から、そうした損失が普通は起こりえないことを事前に教えられていなかったからである。そうした下落の - 時期はともかく - 規模や突発的なものか否かについては、予測できる性格のものである。
 そのため、市場が最も悲観的な最悪の時期に、投資家と運用機関は長期運用方針の見直しを始め、しばしば短期的な恐怖心からそれを歪めてしまう。
 投資家といえども人間であり、市場の急騰や急落、それらを増幅するさまざまな意見に感情を乱されやすい。そのような感情が生み出す非現実的な希望や無意味な不安から、投資家は自分を守らなければならない。投資家はマーケットの真の性格を十分理解していないために、時としてパニックに陥るのだろう。
  ・
  ・
  ・
 過去を客観的にじっくり研究することが、運用と市場の基本的性格について理解を深める最良の(そしてコスト面でも最良の)方法である。ミスを減らすためには現在(あるいは将来)を検討するよりも、歴史を振り返っておくことの方がはるかに有意義である。図書館に行って、一九七三年や一九八七年、一九六二年、一九二八年、一九五七年、二〇〇〇年の当時の雑誌や新聞記事などを読み返してみるとよい。現在起こっていることが過去の繰り返しにすぎないことがよくわかるだろう。マーケットは常に人を驚かせてきたし、今後もそれは変わらない。投資家がマーケットの展開に驚くべき理由は何もない。
(第10章 なぜ運用基本方針が必要か - 第Ⅱ部 運用理論の基礎)










← 第9章                                                      第12章 →
トップページ