ピーター・リンチの株式投資の法則(序章 債券信仰からの脱出)

ピーター・リンチ (著), 酒巻 英雄 (監訳) 2002年3月14日

  目 次
 序 章 債券信仰からの脱出
 第1章 聖アグネスの奇跡
 第2章 週末の不安者
 第3章 投資信託の旅
 第4章 マゼラン・ファンド・前期
 第5章 マゼラン・ファンド・中期
 第6章 マゼラン・ファンド・後期
 第7章 熟練、科学そして汗
 第8章 株式ショッピング 小売業界
 第9章 外食株 食べたいものに関係する会社に投資を
 第10章 悪いニュースでも儲ける
 第11章 最近、スーパーカットで髪を切った
 第12章 砂漠のなかの一輪の花 - 斜陽産業における偉大な会社群
 第13章 すばらしい買い物
 第14章 循環株は行ったり来たり
 第15章 苦悩の原子力発電 CMSエナジー
 第16章 連邦政府のガレージ・セール アライド・キャピタル Ⅱ
 第17章 ファニーメイ日記

 「序盤 債券信仰からの脱出」では、株式投資の有利性などについて紹介されている。例えば、株式が債券やCD,マネー・マーケット・ファンドよりも良い成績をもたらしてきたことなどについて紹介している。同時に、株式投資で成功するためには自分の考えを持つ必要性についても触れている。

 「第1章 聖アグネスの奇跡」では、ボストン近郊の小学校7年生が、投資の専門家よりもよい成果を上げたことについて紹介されている。例えば、生徒たちがカラー・ペンやマーカーのメーカーなど身近でわかりやすい会社の投資で成功したこと、大人は内容のわからないベンチャーを好み理解しやすい儲かる銘柄を無視する傾向などについて紹介している。

 「第2章 週末の不安者」では、不安や恐怖の克服方法について紹介されている。例えば、知識を持つ投資家がタイミング等を見計らって投資を行うのに比べて、市場を無視して定期的に投資をしている投資家が往々にして成功していること、株式投資で成功するためには頭ではなく意志が鍵であること、株式の下落は繰り返し起こる当たり前のことを紹介している。

 「第3章 投資信託の旅」では、債券と株式の成績比較や株式や株式投資信託で利益を上げる方法などについて紹介されている。例えば、債券に比べて株式の成績が良いのは企業の利益増大に比例して配当も増加する傾向にあること、債券の金利が上がって債券保有者が報われることがないことなどを紹介している。

 「第4章 マゼラン・ファンド・前期 ~ 第6章 マゼラン・ファンド・後期」では、ピーター・リンチ氏のマゼラン・ファンド回顧録について紹介されている。例えば、ホーム・デポを当初から注目していたにもかかわらず同社に興味を失ったため株価260倍を見逃したことや、宝石卸売会社のヒントからディスカウンター会社へ投資を行ったことで大当たりしたことなどを紹介している。

 「第7章 熟練、科学そして汗 ~ 第17章 ファニーメイ日記」では、バロンズ誌の座談会で推薦した銘柄をどのようにして選んだかについて紹介されている。例えば、自分の娘が夢中になっている炭酸飲料水やボディショップからよい会社を発掘したことや、ファニーメイの収益転換タイミングの投資で2億ドルを12億ドルにしたことなどについて紹介している。

○ はじめに
 もしあなたが、将来、より多くの財産を持ちたいのなら、多くの資産を株式に投資しなさい。これから弱気相場になって、二年か三年、いや五年くらい株式のことは二度と聞きたくないと思うかもしれない。今世紀にはいってからも、何度も弱気相場を経験してきた。それでも、結果は疑う余地がない。株式や株式投資信託のポートフォリオは、債券やCD(預金証書)やマネー・マーケット・ファンド(MMF)のポートフォリオより、よい成績をもたらすであろう。
  ・
  ・
  ・
 多少なじみのある産業に属する企業について少しばかり努力して調べたならば、素人でも大半のファンド・マネジャーよりもよい成果を上げられる。おまけに、それで楽しむこともできる。
  ・
  ・
  ・
 何年間も続けて、プロの投資家を上回る成績を上げ続けている、大人のアマチュア投資家たちもいる。このような銘柄選びのうまい投資家は、多くの投資クラブに属している。彼らの年間の投資収益は聖アグネス小学校の生徒たちと同じようにすばらしいものである。両方のアマチュアたちに共通しているのは次の点である。銘柄を選ぶ方法は、高い給料をとるファンド・マネジャーの複雑奇怪なテクニックに比べ、ずっと単純であり、効果も大きい。
 どんな方法で企業や株式投資信託を選ぶにしても、成功するか失敗するかは、懸念を無視して、自分の投資をずっと続けられるか否かにかかっている。株式投資家の運命を決めるのは、頭脳ではなく胆である。いかに優秀であろうと、自分の考えを持たない投資家は、株式市場では勝ち残れない。
(序 章 債券信仰からの脱出)









                                                             第1章 →
トップページ