フィッシャーの「超」成長株投資(Chapter2 投資家よ、外に出よ)

フィリップ・A. フィッシャー (著), 高田 有現 (翻訳), 武田 浩美 (翻訳) 2000年10月1日


○ はじめに
 業界の「聞き込み」は実に貴重な情報を与えてくれます。ある企業の複数の関係者から意見を聞き、彼らの言葉から主だった共通点を拾い出していけば、業界内で各企業が他社と比較してそれぞれどのような強みと弱みをもっているかが驚くほど正確につかめるのです。特に、自分の名前が出ないと分かれば、たいていの人は自分が仕事についてもかなり気楽に話してくれるものです。ある業種から5社を選んで訪ねて行き、そこで他の4社の強みと弱みについて的確な質問をすれば、十中八九5社すべてについて驚くほど詳細で正確な姿が見てくるものです。

 しかし、こうした有益な情報は競合企業からだけでなく他からも得られます。納入業者や顧客からは、その会社が取引相手として実際にどのような存在であるかが驚くほどよく分かります。大学や政府さらには競合企業の研究者からも有益な情報を数多く聞き出すことができますし、同業組合の役員も同様です。

  ・
  ・
  ・

 将来多大な利益をもたらしてくれるような企業を探し出すうえで、もうひとつ投資家にとても役立つ情報源があります。しかし、ここから得られた情報を鵜呑みしてはなりません。他の情報と何度も照らし合わせたうえでほんとうに信頼できるものかどうかを慎重に判断してなければ、役立つどころか投資判断を誤らせる恐れもあります。その情報源とは元役員たちのことなのですが、彼らは内部の者でなければ見ることのできない前雇用者の強みや弱みを教えてくれることも多く、さらには前雇用者、つまり辞めてしまった会社の経営者のことを普通は気軽に話してくれるのです。とはいえそうした人たちは、事実かどうかは別として、しかるべき理由なしに解雇をされたと思い込んでいたり、だれもが納得できる不満を理由に辞職したのだと思いこんでいる場合もあるので、彼らがその会社を辞めた理由について、必ず慎重に調べてみる必要があります。
  ・
  ・
  ・

 ある企業に関するデータをいろいろな情報源から集めるうちに、以前に手に入れた情報と食い違うような話を聞かされる場合も当然ながら出てくるでしょう。しかし、完全な整合性など必要ありません。なぜなら、ほんとうに有望な企業であれば、おおかたの情報は矛盾なくその会社の姿を明確に伝えてくれるものですから、ある程度の経験を積んで自分が求めるものを確認できている投資家であれば、どの企業に触手を伸ばし、次のステップの調査を進めたらよいかが分かるはずです。
(Chapter2 投資家よ、外に出よ)









← Chapter1                                          Chapter3 →
トップページ